誹謗中傷対策としてネット上では安易に個人情報を伝えない

誹謗中傷対策としてネット上では安易に個人情報を伝えない

誹謗中傷対策をネット上で考えるのであれば、個人情報は安易に伝えないことが大切です。一度でも情報が流出すると、それを止める手立てはないというのがネットだと考えるようにしましょう。

これからは気を付けるということではすまないのがネットです。一度でも流出した情報に対して出来るのは、その流出範囲を出来るだけ少なくするということぐらいです。

大元の情報源を削除することが出来たとしても、既に流出した情報に関してはどうしようもありません。

それがさらに拡散していく可能性もありますから、ネット上での誹謗中傷対策はまず情報を出さないことを基本に考えるようにすべきです。出てしまったあとでは、出来ることは限られてしまうのです。

誹謗中傷対策として書き込み前は必ず内容を確認する

誹謗中傷対策として書き込み前は必ず内容を確認する

誹謗中傷をするような人は、必ず人の些細な言葉、例えばケアレスミスや極端な表現をあげつらい、誹謗中傷をします。ゆえに、書き込み前には自分が書き込んだ内容を確認するというのが、誹謗中傷対策として効果的です。

漢字の変換ミスがないかなどのケアレスミスはもちろん、自分が書き込もうとしている文章の内容がどのようにとらえられるかできるだけ多く考えてみてください。

もし、過激な内容が思い浮かんだり、誹謗中傷ができそうだと思ったなら、文章の表現や、場合によっては内容を変える必要があります。

相手がいる問題ですのでリスクをゼロにすることはできませんが、自分が細心の注意を払うことによってこのようなトラブルに巻き込まれる危険を減らすことはできます。

誹謗中傷されたら早めに削除依頼を出そう

誹謗中傷されたら早めに削除依頼を出そう

インターネットを利用することで、生活や仕事上において便利です。ネット上ではさまざまな人とコミュニケーションを取ることができるため、交流を深めるためには積極的にコメントをしてみることや会話をしていくことも大切です。

ただし、顔も知らない相手のため、どのような性格や考え方をしているか判断がつきません。時には、相手に不快な思いをさせてしまうこともあるでしょう。

そのため、知らない相手や自分のコメントをみた不特定多数の方から誹謗中傷を受けることもあります。そのような場合には、あせらずに冷静に対処することが重要です。

基本的に誹謗中傷をされた場合には、削除依頼を出すことが大切です。誹謗中傷のコメントを削除することで沈静化することもあるため、状況が悪化してしまう前に削除依頼をしておきましょう。