女性が誹謗中傷される確率は?

女性が誹謗中傷される確率は?

一般的な傾向として、女性は自分の生活を優雅に演出した内容をSNSに投稿することが多く見られます。そのためにフォロワーだけでなくそのSNS利用者からの嫉妬を受けやすく、誹謗中傷の対象となる確率も必然的に上がっていくことが想定されます。

利用者の多いSNSを利用している場合には、その投稿内容を全体に公開していることによってその他の全てのユーザーから閲覧ができる状態となります。

何らかの反感を抱かれるような投稿があると、それに過剰反応した返信やコメントなどのいわゆる「炎上」状態となる事態も発生しています。

誹謗中傷を避けるためにも、公開範囲は友人関係に限定したり、自慢話に受け取られるような投稿は避けたほうが無難と言えるでしょう。

女性が誹謗中傷の被害に遭う例

女性が誹謗中傷の被害に遭う例

女性が誹謗中傷の被害に遭う例としてまず多いのが見た目に関することです。女性は顔や体型だけでなくメイクやファッションにまで気をつかう女性は多いです。

それをわかっているからこそ、同じ女性同士、また異性も気に入らない女性に対しその容姿を貶します。容姿は自分の人生で付いてまわるものですし、簡単に変えることのできない自分自身でもあります。

メイクやファッションも自分で気に入っているものですから、見た目を貶されると自分自身を否定されたような気分になりダメージも大きいです。

もちろんその容姿そのものが気に入らず貶す場合もありますが、言動が気に入らない場合でも容姿を罵ることもあります。

例えば、男に媚びを売っているように思える言動が気に入らないとき、その服装やメイクを貶したり、素顔は可愛くないと罵るという場合がこれにあたります。

女性が誹謗中傷された後にとる行動

女性が誹謗中傷された後にとる行動

ネットで誹謗中傷をされた場合、女性であれば、まず問題の書き込みを削除してほしいと、サイトの管理者に申し出ます。またプロバイダに対しても、同様に削除を要求します。

SNSや掲示板などのコミュニティ系のサイトには管理者がいるので、管理者に事情を話すことが大切です。また行動を起こす前に、その書き込みが誹謗中傷として訴えられる内容か確認します。

例えば、不特定多数の人にわかるような形で、社会的地位を貶める発言や文章があった場合、それは名誉棄損罪となります。当てはまる場合は、躊躇せずに管理者に削除要請を出します。

また書き込みをした人間に、こちらの連絡先がわかるような形で、直接交渉することは避けた方が良いです。