SNS別での誹謗中傷の事案

SNS別での誹謗中傷の事案

インターネット上では、個人が特定されずにSNSなどで自由に発言できることから、誹謗中傷の言葉を書いてしまう方も多くいます。誹謗中傷の事案の中には、一人が誰かに対して冷たい言葉を浴びせるだけではなく、集団で相手が傷つくことを言っているケースも多くみられます。誹謗中傷削除中にストレスからか若ハゲが進行してしまった事もあります。自分とは反対の意見を持っている方の意見を悪とみて、責める方もいるのも事実です。ネット上では何があるのかわからないので、自分が誹謗中傷の対象になったときでも、慌てず冷静に対処することが大切です。

男性が誹謗中傷される確率

男性が誹謗中傷される確率

男性がSNSやネット上で誹謗中傷を受ける確率は人によります。1%の時もあれば100%の時もありますが、誹謗中傷されない男性は他人に迷惑をかけないようにするのが特徴的です。目立たないようにしている、悪口を言わないようにしているなど、様々と言えます。悪口や中傷を繰り返せば必ず誰かかからやり返されますから、注意すべきです。頻繁に誹謗中傷を受けている人や、悪口を入れている人は、同じことをした男性の可能性は高めです。

女性が誹謗中傷される確率

女性が誹謗中傷される確率

女性がSNSやネット上で誹謗中傷を受ける確率ですが、非常に高い傾向があります。こういった被害はあまり表に出ず、また公的な機関が細かく統計を調査していないため、具体的な割合は算出されていませんが、女性ネットユーザーの半数以上が過去にSNS利用などで嫌な思いをしています。特定人物と揉めてしまった結果、相手から誹謗中傷を受けたというケースもあれば、完全に知らない人物からまるで覚えがない変な言いがかりを付けられた女性もいます。

誹謗中傷への効果的な対策は?

誹謗中傷への効果的な対策は?

有名人などがネット上で誹謗中傷をされることは、よくあります。誹謗中傷をする人間の心理は、自己評価が非常に低いので、他人をこけ下ろすことで、自分を相対的に高く見せたいという心理です。さらに、インターネットなら匿名で書き込めるので、警察でもない限り本人を特定することができません。誹謗中傷を受けたときの効果的な対策は、とにかく無視をすることです。反論をしてしまうと、火に油を注ぐことになってしまいます。ネット上で気に入らないことがあったときには、無視を続けましょう。

誹謗中傷は削除するべき?

誹謗中傷は削除するべき?

blogでコメント欄やメッセージ欄に誹謗中傷が来たとします。削除した方が良いですが、これからの攻撃はブロックして、誹謗中傷の内容は残しておくべきです。その理由は「誰かが通報する」可能性が出てくるから、と言えます。何か騒ぎや問題、誹謗中傷が発生したら、誰かが通報する可能性は高めです。管理人等に相談しても良いですが、別の人も同じような内容で通報していた場合は、意見が一致して、証拠が増えます。そのような方法は対策として使えます。